平成30年度 のぞみ会関西支部 医療講演会

                                                                                           

日 時 平成30年6月2日(土) 14時~16時30分 (受付 13時30分~)

会 場 此花会館 / 梅香殿 (3階 302・303会議室)

演 題 「25年以上、経過を観察できた股関節手術

      (人工股関節およびChiari手術とRAO)

      250症例の検討…その結果からみえてくること…」

講 師 (前)市立吹田市民病院

         整形外科 顧問 門脇 徹 先生

 

演題からもわかるように「のぞみ会関西支部」設立30周年にふさわしい内容で、110名以上の方の参加がありました。また、たくさんの方から感想をいただきましたのでいくつか紹介させていただきます。

 

*RAOから人工の股関節置換の時期が近づいた私にとって、本日のお話は時期に適った内容で、とても有意義なものでした。多くの成功例を聞き、とても安心しました。

*骨がしっかりしていないと、どんな材料の人工股関節を入れても問題があるので骨強化のリハビリと、検診の重要性を痛感しました。

*先生の温和なお人柄、熱意が伝わり、質問への回答もわかりやすいものでした。

*今日の講演会の参加で様々な不安を払拭できました。とても良い講演会で参加してよかったと思います。

*人工関節の目的は「人並みに歩くこと」とのお言葉がとても心に残りました。人工にして、まだまだできないことはありますが、人工にしてよかったと改めて思えました。

*人工関節の手術をした人が多くなり(私もそうですが)今回のような手術をした人がこれからどのように生活したらよいかというテーマに興味があります。

*とてもわかりやすく勉強になりました。歩いてもよい、歩きすぎてもよいと聞いて嬉しくなりました。毎日、歩こうと思います。

*これまでの講演と違った視点(手術後20〜30年経った時の姿)の内容で知りたかったことがよくわかりました。

 

 

定期交流会 「サロン・ウイズ」

  「笑いヨガ」を体験

                                

講 師 ラフターヨガティーチャー・看護師 上田 弘子 先生

日 時 平成30年5月11日(金)  13:30〜15:30

場 所 長居障がい者スポーツセンター

「笑いヨガ」楽しかったです。

始めは躊躇する自分がいましたが、毛細血管まで血が行き渡るような快感があり心地よい汗をかくことができました。

          (会員Fさん)

 笑いヨガ、どんなヨガかと興味津々で参加しました。アイコンタクトし、一緒に笑って、みなさんとより仲良くなれたというおまけも頂けました。楽しい時間をありがとうございました。

                               (会員Tさん)

 

交流会 「京都・滋賀」

                       

日 時 平成30年4月18日(水)13:30〜16:00 (受付13:00〜)

会 場 京都市国際交流会館 3階 第3会議室

 心配していた雨も朝方に止み、新緑の清々しい京都、参加者は16名でした。 
骨切りを10年以上前にされていた方は次の人工関節への不安、保存中の方はリハビリを含めどう向き合っていけばよいか、
人工関節をすでに終えた者はやはり加齢に伴う筋力低下の問題など、それぞれ思いは違いますが、そこは同じ患者同士、お互いの思いを汲みながらの活発な意見交換ができ、また、久しぶりの方との再会もたくさんあり充実の一日となりました。
地域での交流会の醍醐味を感じました。次回も参加お待ちしています。

定期交流会 「ヴィータ」

                            
日 時  平成30年4月14日(土) 13:30~15:30    
会 場  天王寺区民センター 3階 会議室

春の嵐の予報の中、11名の方が参加して下さいました。
術後のリハビリの方法や日常生活の工夫など話し合うなか、靴や靴型装具の話で大変盛り上がりました。身体の負担を減らす為にも、色々な情報を得ることも大事な事だと思いました。

 

関西支部

事務局

TEL・080 9749 3545

 

変形性股関節症の患者会NPO

法人「のぞみ会 関西支部」の

サイトです。関西支部の活動予定

や報告を紹介しています。

 

のぞみ会では仲間を募集しています。お申し込み、お問い合わせは関西支部へ。

 

本部事務所開所日

 

「月・水・木」11時~15時

(「火・木・金」から変更になりました)