平成26年度 のぞみ会関西支部医療講演会

平成26年5月31日(土)此花会館にて医療講演会がありました。

  演題 「人工関節とサルコペニア・ロコモティブシンドローム」

  講師 兵庫県立総合リハビリテーションセンター

       リハビリテーション中央病院

      副院長  津村 暢宏 先生

 

 参加者 112名

   地域別 大阪...41名、兵庫...32名、奈良...11名、京都...10名、
       滋賀...4名、和歌山...4名、その他...2名、記載なし...8名

   年代別 40代...3名、50代...27名、60代...45名、70代...33名、

       80代...2名、不明...2名

 

講演内容

 1.健康と寿命

 2.サルコペニア

 3.ロコモティブシンドローム

 4.変形性股関節症

 5.人工股関節置換術

 6.運動


 講演後質疑応答

 

今回より講演会の場所が此花会館に変更になりました。会場に段差がなく広さもよくあっていました。講演内容の詳細は9月1日発行の会報№51「のぞみかんさい」に掲載されます。

 

 

関西支部

 

変形性股関節症の患者会NPO

法人「のぞみ会 関西支部」の

サイトです。関西支部の活動予定

や報告を紹介しています。

 

のぞみ会では仲間を募集しています。お申し込み、お問い合わせは関西支部へ。

 

本部事務所開所日

 

「月・水・木」11時~15時

(「火・木・金」から変更になりました)