兵庫の交流会

 4月14日、神戸の総合福祉ゾーン「しあわせの村」内の「神戸リハビリテーション病院」の見学と研修室にて交流会を開催しました。

 参加者は会員19名、会員外4名計23名でした。未手術の方が5人、他の方は人工関節の手術をされていました。

 神戸リハビリテーション病院は、脳血管障害や骨折の手術(人工股関節全置換も含む)などのため急性期病院で治療をうけた後、集中的にリハビリを受けることができる神戸市最大の回復期リハビリテーション病院です。理学療法士の沖山先生が病院でのリハビリを含めリハビリのあり方について説明をしてくださいました。ここでのリハビリは患者さんと理学療法士の先生とで行われるマンツーマンによるものであり、とても恵まれた内容です。今回は作業療法室の案内もしていただきました。

 その後、研修室で参加者の皆さんと情報交換をしました。まだ再置換をされた方はいませんでしたが、手術をされた方は皆さんご自分に合った方法で努力をされているのが伺えました。

運動療法室(神戸リハビリテーション病院HPより)
運動療法室(神戸リハビリテーション病院HPより)

関西支部

事務局

TEL・080 9749 3545

 

変形性股関節症の患者会NPO

法人「のぞみ会 関西支部」の

サイトです。関西支部の活動予定

や報告を紹介しています。

 

のぞみ会では仲間を募集しています。お申し込み、お問い合わせは関西支部へ。

 

本部事務所開所日

 

「月・水・木」11時~15時

(「火・木・金」から変更になりました)