◆2017年(H29)の活動報告

 

交流会「兵庫」

 講演会 「人工股関節の再置換手術について」    

        

講 師 一般財団法人甲南会甲南病院医療本部長 兼甲南病院院長代行       

     三枝 康宏 先生  

日 時 平成30年3月17日(土)13:30〜15:30(受付 13:00〜)

会 場 こうべ市民福祉交流センター 4階 401教室

 

 天候に恵まれ多くの方々がご参加くださいました。

 再置換の要因である、緩み、破損、感染、脱臼、骨折、それぞれの症例を画像を参考にしての説明で、より理解が深まりました。また、再置換までの期間を伸ばすためにはどうしたらよいのかにもふれてくださり、患者の立場に立ったわかりやすい講演でした。

 先生の「手術の結果はタイミングで決まる。手術はいつでもできるけれど結果は違ってくる」というお言葉は、長年、股関節と向き合ってこられた三枝先生ならではのメッセージと深く受け止めることができました。

定期交流会 「サロン・ウイズ」

 

日 時 平成30年2月17日(土) 13:30〜15:30 (受付 13:00〜)

会 場 天王寺区民センター 3階 会議室

 風も強く寒い中、情報を求めてたくさんの方が参加してくださいました。

 30代や40代と保存中の若い方、手術目前の方、術後1年未満の方、骨切り経験や両足同時手術、本当に多彩な経験者の集まりとなりました。
 2時間があっという間であと1時間は欲しいとの声もあがりました。
 みなさん、様々な体験を聞き参考になったと喜んで帰られました。

講演会 「靴とインソールと歩行」について

 

日 時 平成30年1月20日(土) 13:30〜15:30 (受付 13:00〜)

講 師 「フットマークス」角倉 亘 先生

会 場 天王寺区民センター 3階 会議室

まずは、会場が急きょ変更になり、先生はじめ会員の皆様にご迷惑をおかけしました。 

講師の角倉先生は『身体に負担のない歩き』への探究心で足底板を独自の方法で17年に渡り作成されています。

 

「今日は、1人ひとり歩き方をみて頂き、参加者からは自分で気づかなかった指摘に、目からウロコだった」

 

「術後5ヶ月、自分では歩けているつもりだったが、かなり無理をしているとの指摘に納得」

 

「医者や理学療法士とは違った目線での話にうなずくことばかりでした」

等々、遠くは三重県からの参加もあり充実した講習会となりました。

秋のミニ医療講演会

                                                   

日 時 平成29年11月23日(木・祝) 13:15〜14:45(受付 13:00~)

場 所 長居障がい者スポーツセンター 2階・会議室

演 題 「変形性股関節症の運動療法と手術について

      ー骨セメントとアパタイトで固定した人工関節のおはなしー」

講 師 富永病院 整形外科 大西啓靖記念人工関節研究センター

       センター長 大西 宏之(ひろゆき)先生

「障がいの理解講座」の一環として、長居障がい者スポーツセンターとのぞみ会との協賛で、毎年、秋に医療講演会を開催しております。
 心配していたお天気も、講師の大西先生のお人柄のような穏やかな一日となりました。会場は満席となり、講演、質疑応答終了の後もたくさんの質問者の列が絶えることがありませんでした。

 

定期交流会 「サロン・ウイズ」

日 時  第4回 平成29年11月6日(月)13:30〜15:30(受付13:00)

会 場  長居障がい者スポーツセンター

思い切って参加してくださった非会員の方から、こんな感想が・・
『今日はありがとうございました。目の前の霧が晴れたようです。秋の講演会にも参加させていただきます。』 と・・・
少人数でしたが、彼女の不安に少しは向き合えたのではと交流会の大切さを感じた一日でした。

 

定期交流会 「ヴィータ」         
日 時  平成29年10月21日(土) 13:30~15:30    
会 場  天王寺区民センター 3階 会議室

雨の中でしたが、術前の方々が数名、情報や不安の解消を求めて参加してくださいました。
体験者の様々なアドバイスに笑顔がこぼれ皆ホッとしました。

交流会 「京都・滋賀」

日 時 平成29年10月8日(日)13:30〜16:00 (受付13:00〜)

会 場 京都市国際交流会館 3階 第3会議室

 

 三連休の中日だったせいか、参加者は少なかったのですが、新しい方が2名いらっしゃいました。

 楽しみにしていたと、初めて参加された方は「のぞみ会の事は術後HPで見つけて入会、このような会があるならもっと早く入会すればよかった」

 

 「あまり情報を持たずに、もう手術をしてしまったけれど、患者同士のここでしか聞けないいろんな情報を得られて参加してよかった」と喜んでいただけました。

 

交流会 「奈良」

   楽しくリクレーション体操とおしゃべり会   

日 時 平成29年10月3日(火)  13:30〜15:30(受付13:00〜)

講 師 大槻 礼子 先生 (3B体操協会指導士)

会 場 奈良県文化会館 1階 第1会議室 
「初めて3B体操を体験しました。楽しかったです!
  衰えつつある頭や筋肉に良い刺激を受けました。
  指導していただいた先生も膝の疾患をお持ちでリハビリの必要性や、
  継続が大事というお話しは説得力がありました。」
     (参加者の感想より)

 

 

 

 

 

 

  

 

《定期トレーニング》〜股関節・膝関節のためのリハビリ〜

        <長居障がい者スポーツセンター主催>

 

日 時 平成29年9月18日(月・祝)  13:30~14:30

場 所 長居障がい者スポーツセンター 体育室

 

今回は講師の先生からポールウォーキングを習いました。ポールの持ち方から始まり、ポールを使った準備運動をしてから、歩き方を習いました。

12月、3月もポールウォーキンブをしてくださるそうです。是非、ご参加を。

 

《交流会  サロン・ウイズ》

日 時  第3回 平成29年9月15日(金)13:15〜16:00(受付13:00)

       *1部 13:15から準備の間に自己紹介など

          2部 13:45〜16:00<H29年度本部講演(DVD)鑑賞会

始めに平成29年度本部講演のDVDを鑑賞しました。

         「人工股関節再置換手術の現状と問題点」

                   ー変形性股関節症の生涯にわたる治療について考えるためにー

           日本赤十字社医療センター     骨•関節整形外科部長

                   伊藤   英也  先生

その後、短い時間ですが自己紹介などをし、術後のリハビリを続けることによって今までできなかったことが可能になった方の話を聞き、改めてリハビリの大切さを知るよい機会となりました。

 



 日 時 第2回 平成29年7月8日(土) 13:30〜15:30

   会 場 天王寺区民センター 3階 天身会 会議室


今日は、暑いくらいの梅雨の晴れ間となりました。
いつになく、未手術の方が多かったという印象です。最近は、あふれる情報の中からのチョイスが更に難しくなってきて、悩みは増しているのではと、参加者の声を聞き感じました。話題は尽きず時間が2時間ではとても足りなかったかもしれません。 

平成29年度 のぞみ会関西支部 医療講演会

 

                                                                            

日 時 平成29年6月3日(土) 14時~16時30分 (受付 13時30分~)

会 場 此花会館 / 梅香殿 (3階 302・303会議室)

演 題 「当科における人工股関節手術の現況

      (コンピュータ手術、再置換術について)」

講 師 独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター

     整形外科医長 医学博士 三木 秀宣 先生

 

 前半は股関節の一般的な基礎知識と先生が取り組まれているナビゲーション手術のお話をお聞きしました。後半の質疑応答は一時間近く会場からの様々な質問にお答えをいただき、全体を通じて先生の医師としてのお考えが反映され、他の講演会にはないのぞみ会ならではの充実した内容となり、とても有意義な講演会でした。

 先生の講演内容は、次号「のぞみかんさい」に掲載されます。

 

交流会「兵庫」

 

日 時 平成29年5月20日(土)13:30〜15:30(受付 13:00〜)

会 場 西宮市フレンテホール(練習室) フレンテ西宮5階

講演会 「人工股関節置換手術後の運動機能と自主トレーニング、日常生活の注意点」

講 師   兵庫医療大学 リハビリテーション学部理学療法学科 講師

       塚越 塁 先生

 昨年に引き続いて塚越先生の講演と簡単な実技指導を行っていただきました。今回は特に人工関節置換術後の運動能力について詳しい説明を受け、どのようにトレーニングを続けていけばよいのかを話していただきました。また加齢に伴う運動機能の低下と転倒予防についても股関節疾患患者を対象に説明していただき、特に骨折のリスクに関してはビタミンDの不足が大いに関係していることもわかりました。

 股関節への負担を軽減し適切な運動を続けることによって運動機能と歩行能力の維持、向上ができることを学びました。

 

《交流会  サロン・ウイズ》

日時 2017年(H29) 5月12日(金)13:15~15:15
場所 長居障がい者スポーツセンター 2階 第一会議室

五月にしては暑すぎるくらいのよいお天気に恵まれ、15名の参加となりました。同じ病気でも悩みは人それぞれ、考え方、向き合い方も違いますが、いろんな方の体験を聞くことで得るものが多いことを知らされました。自骨から人工にしなければならない方、リハビリの継続の方法、骨粗鬆症についてなど話題が多く時間が足りないほどでした。

 まだ参加されたことのない方、いろんな方のお話で得るものがあると思います。どうぞご参加ください。

 次回は7月8日(土)天王寺区民センターです。

 

定期交流会 「ヴィータ」

 時 平成29年4月8日(土)13:30〜15:30

会 場 天王寺区民センター 3階 天身会会議室

 

 天候のよくない中11名の方が参加してくださいました。

人工股関節置換術の方、自骨手術の方、また術後10年痺れが残っている方など、様々な現状の中で、日常生活での工夫や運動の状況を語り合え、多くの情報交換ができ、あっという間の2時間でした。

交流会 「京都・滋賀」

日 時 平成29年4月8日(土)13:30〜16:00 

会 場 京都市国際交流会館 3階 第3会議室

 

残念ながら雨の開催となりましたが、京都の観光地「インクライン」の桜は満開で見事でした。
足元の悪い中、「HPをみて…」や「みなさんの意見を聞きたくて…」と集まってくださいました。様々な経験談をざっくばらんにやり取りしながら、同じ病気だからこその愛情ある厳しい意見も出ました。
ぜひ、このような集まりを次回もという

                     声があり、秋にも開催を決定しました。
  

《交流会  サロン・ウイズ》

日時 2017年(H29) 2月18日(土)13:30~16:00
場所 長居障がい者スポーツセンター 2階 第一会議室

2016.6.19 本部 30周年記念講演会のDVD鑑賞会

 北里大学北里研究所病院の金子先生の講演と同院リハビリテーション科の荒井先生のお話やメディカルフィットネスセンターの加藤先生による予防のための運動と3部構成での内容でした。
 実際の動きを見ながらの内容は、やはり冊子(写真)よりも理解しやすく20名の参加者にとっては有意義な一日となりました。その後の交流会が時間の都合上行うことができず残念でした。

次回は5月12日(金)です。多くの方のご参加をお待ちしています。

◆2016年(H28)の活動報告

交流会「奈良」

講演会

演 題 「最近の人工関節と人工関節再置換術」

     講師 大倭病院 整形外科 大根田 豊 先生

日 時 平成28年11月19日(土)13:30〜15:30 (受付13:00)

会 場 奈良市ならまちセンター 3階 会議室

      

奈良といえば・・・大根田先生(大倭病院)のお名前が一番にあがります。
超ベテランの先生のお話は、難しい症例などのレントゲン写真の説明や模型を使っての実際の手術法の動画、そして会場からの様々な質問に時間いっぱいお応えを頂きました。
先生の誠意あるお人柄そのもの、楽しいお喋り、垣間見える本音、時には患者に厳しい一言も。のぞみ会へのご理解も。笑いの絶えないひと時の中にしっかりと勉強もさせて頂きました。」

《交流会  サロン・ウイズ》

日時 平成28年11月4日(金)13:30〜15:30

場所 長居障がい者スポーツセンター 2階 第3会議室

秋晴れの一日、皆さんお出かけになったのか、今日は10名での交流会となりました。少数ならではの、いつもよりも少しばかり本音の会話もありました。
仕事で忙しい娘さん(会員43歳)の代理でお見えになったお母様、4年前に降って湧いた病名に親子で悩んでおられる事をお聞きして、・・・母親も娘以上に辛いんだなぁと胸が痛くなりました。でも、色々な経験を持っている会員だからこそのアドバイスは出来たのではなかったかなと思います。
 交流会は、生きた情報交換の場です。年内は最後になりましたが、来年2月に予定しております。
詳細は又お知らせ致します。 

交流会「兵庫」

日 時 平成28年10月29日(土)13:30〜15:30(受付 13:15〜)

会 場 西宮市消費生活センター 第2会議室

変形性股関節症と、ある時は戦い、ある時は寄り添い、人工股関節となった今も進行形で試行錯誤され、向き合い、努力されておられる方の体験談と初回手術から20年の歳月を経て、新たな人工股関節を得ての思いや教訓などお二人の話に引き込まれての2時間でした。参加者からの体験談も、これこそ“生の声”として非常に参考になりました。

報告者の股関節症とのつきあい方を

”股関節症は「人生」という絨毯の横糸”と表現されたことがとても印象に残りました。

 

今回は参加希望者が多く会場の都合によりお断りせざるを得なかったことをお詫び致します。

交流会 「京都・滋賀」

 「股関節症の方のための安全な運動について」

日 時 平成28年10月22日(土)10:00〜12:00 (受付 9:30〜)

会 場 京都大学医学部 人間健康科学科 実習室

 昨年に引き続き、建内先生の講習会が今年も実習室をお借りして開催されました。術後の患者にも保存中の患者にも一つ一つの運動の意味と意義、そして危険な動作なども丁寧に説明していただき、実際にやってみて納得出来ました。貴重な時間を5名の学生の皆さんにも協力して頂けて充実の一日でした。
あとは、先生のお言葉を思い出しながら日々、股関節を大切に自分にあった運動をコツコツ精進するのみです。
   

定期交流会 「ヴィータ」

 時 平成28年10月15日(土)13:30〜15:30

会 場 天王寺区民センター 3階 天身会会議室

『今日は落ち込んで参りました。悩みがあると出てきて、皆さんの話を聞いて
  刺激を受けて・・・と自己紹介されていた方の言葉が印象的でした。』

《交流会 和歌山》

 

日 時 平成28年10月5日 (水)12:00〜14:00

場 所 ダイワロイネットホテル・和歌山 3階

     レストラン「サンクシェール」 

台風が来るとかでどうなるか心配しましたが、無事開催することができました。

きっと皆さんの行いがいいからでしょうね。今回は会報を見てお友達と一緒に参加された方や、昨年の交流会で人工の手術を受ける決心をされた方が今回はその報告を是非したいと来て下さいました。12名の参加でしたが同じ病名でありながらも症状や抱える心配や不安は様々で、股関節の病気を知ることはインターネットなどでできるけれど患者同士の気持ちの交流はこんな場でないとできないよね!そして、人工を入れたらそれでおしまいではなく、そこからがスタートなんだよね!などと話しながら自分の気持ちを今一度引き締める機会になりました。

(協力委員、OO)

秋のミニ医療講演会

 

日時:平成28年10月2日(日)

場所:長居障がい者スポーツセンター 2階 会議室

演題:「関節の痛みとメタボリックシンドローム 健康にとって歩くことの重要性」

講師:市立伊丹病院 整形外科 中井 毅 先生

   (診療部長 人工関節センター・センター長)

「障がいの理解講座」の一環として、のぞみ会との共催で行われました。

心配していたお天気も10月には暑いほどの晴天となり、ほぼ満席で盛況となりました。

 

講演内容は次号「のぞみかんさい」に掲載されます。

 

《交流会  サロン・ウイズ》2016年9月17日(土)

天王寺区民センター

 

心配していた雨にはならず、ただ蒸し暑い日となりました。総勢18名、時間の許す限りのお喋りが続きました。HPやブログ等は当事者の事しか分からないが、こうした集まりには様々な体験や経験を持った者が集まるので、本当の意味で『生きた情報』と言えるのではとつくづく感じました。

《交流会  サロン・ウイズ》

2016年7月14日(木)

長居障がい者スポーツセンター

 

梅雨の晴れ間、平日にもかかわらず、また年齢層も幅広く、沢山の方が集まって下さいました。

ネットの情報だけではと、「生の声」に次々と質問も飛び交い時間が足りなかった位でした。

(文:運営委員KA) (写真:運営委員NA)

《水中トレーニング》

2016年6月6日(月)アミティ舞洲

 

梅雨とは名ばかりの良いお天気となりました。今年度最初の水中運動の指導が、アミティ舞洲にて、河合俊次 理学療法士の指導で行われました。

ビート板やアクアヌードル(発泡スチロール製の円柱系の筒)を使い、膝や股関節回りをはじめ腹筋、背筋を鍛える方法を水中ならではの動きをたくさん教えて頂きました。楽しくトレーニングが出来ました! (文:運営委員KA)  (写真:運営委員YA)

2016年(H28年)度医療講演会

2016年6月4日(土) 此花会館/梅香殿

平成28年度 医療講演会が開催されました。

 

日時:2016年(H28)年5月16日(土) 14時~16時30分
場所:此花会館 / 梅香殿   3階 大ホールにて
演題:「私の目指す人工股関節治療」
講師:住友病院 整形外科診療部長

   渋谷 高明 先生

   (人工股関節センター長・リハビリテーション科・診療主任部長)

講演内容の詳細は9月発行の会報 №55「のぞみかんさい」に掲載されます。

《交流会  サロン・ウイズ》

2016年5月21日(土)  長居障がい者スポーツセンター

 

その後、午後1時30分から、引き続き10人のスタッフが残り交流会 サロンウィズに参加。会員さんも9人来られて、19人で交流会が始まりました。
初めての交流会参加の方がお2人。術後1ヶ月の方も積極的に参加されました。
また「7月に手術が決まり不安なので励ましが欲しくて来ました。」という方もいらっしゃって股関節の手術体験者達から、色々と体験談を聞かれて「お陰で手術への勇希と元気が出ました」と明るい笑顔で帰って行かれました。退院されたら、また交流会に、お元気な姿を見せに来て下さいね。


同じ股関節の痛みを持つ仲間と話すと心が楽になります。股関節の痛みや、手術と診断されたけれど、病気がよく分からず1人で悩んでいる方、是非、会員の皆さんと話し合って判らない事を尋ねたり体験談を聞いて不安を解消しましょう!

会員で無い方も、悩んでいないで遠慮なくお越しくださいね。 (運営委員:NA)

《交流会 兵庫地区》
2016年5月14日(土)

 

「股関節疾患に対する運動療法〜筋トレとストレッチ、歩行練習の実際〜」 初夏を思わせるすがすがしい一日、ポートアイランドのなかにある兵庫医療大学実習室にて塚越先生、福元先生による講習会が行われました。 創立10周年を迎える兵庫医療大学はポーアイキャンパスといわれる地区のなかにあり、神戸の海と山が一望できる南欧風の建物の美しい大学でした。 自習室には25台のベッドがありほとんどの方が一人で使用することができ、私たちの今必要としている運動を先生のご指導のもと実践することができました。 筋トレの前には必ずストレッチをすること、週3回以上運動を行うこと、何より継続することなど、必要最低限の運動を学生さんのお手本をみながら再確認した一日でした。 出席者:34名(内4名見学)(運営委員:KU)

(撮影:YA)

《交流会 滋賀/京都 地区》
2016年5月8日(日)
ラクトスポーツプラザ
 コミュニティルームにて    

 

5月連休の最終日となった日曜日、早朝から委員を含め22名が集まりました。

1時間45分という短い間でしたが、病院選び、術前のリハビリ、術後のリハビリ、会員による実技等々・・・失敗談まで飛び出し、中身の濃い交流が出来たのではないでしょうか?「あぁ来て良かった」の声が励みになった委員たちでした。 (運営委員:KA)

《太極拳》

講 師 能登 恵子先生 (太極拳A級指導員)
日 時 2016年4月16日(土)  13:00~15:00
会 場 長居障がい者スポーツセンター 2F 第1会議室

 

中国の武術・・太極拳を体験してみました。
ゆっくり動くことによって筋力をアップすることができる一つの方法です。
しかしながら、太極拳ほど、股関節の可動域を必要とする武術もありません。
先生のマネをしながら個々出来る範囲で心地良い汗をかきました。
誰もが希望をもって先生の動きの一部でも体験 をしたいと思った一日でした

(運営委員:YA)

(写真撮影:TA) 

《交流会  サロン・ウイズ》

2016年2月20日(土) 〔天王寺区民会館 天身会にて〕

雨風の中『さすがに今日は…』との心配もよそに、運営委員4名と参加者7名が集まりました。自骨手術をすすめられお悩みの若い方、病院探しに悩んでおられる方、手術を決めたものの不安が…と悩みはそれぞれ…。「来てよかった!」「考え方を変えられた、気持ちが明るくなった!」と嬉しい反応に安堵し雨にも負けず帰宅の途に着いた委員たちでした。(運営委員.KA)

◆2015年(H27)の活動報告

《交流会  奈良地区》
2015年11月27日(金)
参加者は21名。近鉄奈良駅直結のビル5階、目前に広がる若草山を眺めながら自己紹介の後、奈良名物柿の葉寿司いり折詰を頂きました。
初顔の皆さんともすっかりうちとけ合い、いざ観光へ!紅葉と修学旅行生でいっぱいの春日大社を駆け足で廻りました。手術後の方も未手術の方もいらっしゃいましたが、鹿の愛らしさと紅葉の美しさに股関節のことをひととき忘れ癒されたご様子でした。皆さんお知り合いの方も多く、近況報告、おしゃべりもできたのではと思います。(運営委員.TU & KA)

《交流会  サロン・ウイズ》

2015年11月18日(水)

あいにくの雨の中、サロン・ウイズとしては初の会場となった天身会での集まりがありました。平日、初場所、雨天が影響したのか参加者は少数でしたが、お越 しになった方は聞きたい放題、話したい放題で満喫してお帰りになったのでは?と思います。参加した運営委員達もいつもより突っ込んだ話が出来ました!又、 本日は大阪教育大の橋弥さんが、人工関節を受けた後の方用に情報発信をしたいと言われて患者会の集まりに参加されました。(運営委員.KA)

《交流会  京都・滋賀 地区》

 2015年11月7日(土)

「股関節症の方の為の歩行と筋力アップ」
京都大学大学院医学研究科の建内先生の講習会が京大病院の施設で行われまし
た。実践を中心としたリハビリ講座です。可動域を上げる動き、筋力アップを考
えた運動、最終的には歩行という有酸素運動の目標についても一言。

多岐にわたるリハビリ講座に「うんうん」とうなずきながらも、頭には残らない
我々。頂いた プログラムと説明写真をもとに、これから家で復習する心づも
り。続けることが力です。さて、どの程度、頭に、体に、定着するか・・・?。

だが、助手さんたちが5人ついてくれたおかげで、自分で自分なりにやっている
動きを見て、注意してもらえたのが大きな収穫でした。

ただ、みな通ってきた歴史が違うので、個人個人を考えた運動ではなく、股関節
症を持つ誰でもが出来る運動、ストレッチが中心。人工にしている人がほとんど
であったので、その点は講師の先生も説明に気を遣っておられたようです。で
も、新たなストレッチや筋力運動を確認できた方も。(運営委員.YA)

(写真:休憩時間前に股関節以外をリラックスする体操も教えて頂きました)

秋のミニ医療講演会

 

2015年11月3日(火・祝)

『障がいの理解講座』の一環として、恒例の長居センターとのぞみ会とのタイアップ、秋のミニ医療講演会が長居障がい者スポーツセンター会議室にて開催されました。

講師は京都桂病院の整形外科の藤田裕先生です。
冒頭、先生ご自身のルーツをはじめ哲学を含むご紹介を頂きながら股関節についての分かりやすい説明と、多岐にわたる質疑応答にも誠意あるお答えを頂き充実した1時間半でした。(運営委員.KA)

《交流会  兵庫 地区》

2015年10月17日(土)

秋晴れの気持ち良い一日、芦屋の「東天閣」にて食事会を開催しました。
大きなテーブルを参加者全員(14名)で囲み2時間半、個室でゆっくりと話をすることが出来ました。
今回は未手術の方が多く、病院選びの話が中心になりました。
股関節手術の専門病院が増え、選択も難しくなってきたのを痛感しました。
次回はリハビリの実技を予定しています。

(運営委員.KU)

舞洲にてのトレーニング
2015年10月5日(月)
今回は、参加者は少なかったけれど、一人一人がしっかり見ていただけトレーニング以外のお話もできて、のぞみ会のサロンに匹敵するような充実したひと時でした。
人数が少ないと、運動以外の日頃のリハビリの習慣についてのお話なども出来ました。
印象に残った事は・・・「足の筋肉は、第二の心臓だという事、人間のもつ筋肉の中で最大の筋肉は大腿四頭筋なので、この筋肉を強化するのは健康を維持するためには、とても重要だ」と言われたことです。
(運営委員.YA)
《交流会 和歌山 地区》
2015年9月30日(水)
当日は、8名の参加でしたが、食事会場の雰囲気も良く、小ぢんまりとした中でみんなが同じようにおしゃべりでき、有意義な時間を持つことができました。手術5名、未手術3名で、今年2月に再置換をされた方もいらして、色んな立場の方々のお話を聞くことができました。
1年に1度の七夕みたいな出会いですが、やはり交流会のような形でもお会いできるのは楽しいですね。 (和歌山 協力委員 OO)

《交流会 サロンウィズ》

 2015年9月12日(土)

今回は、長居障がい者スポーツセンターに置いて、多数の参加(28人)で交流会が行われました。

いつもの顔ぶれに加えて股関節の痛みで悩んでいる会員以外の方も多数参加されて積極的に手術の体験者に次々と質問が飛び交い体験談を聞いて明るい顔で、お帰りになりました。

1人で悩んでおられる方は、是非一度 参加されては如何ですか?(のぞみ会への入会は、随時受付しています。)(運営委員.NA)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回11月18日以降は 会場が変わります。ご注意ください。

◆日 時:11月18日(水)     13:30~15:30 

     H28年2月20日(土) 13:30~15:30 

◆会 場:天王寺区民センター3階 天身会 会議室

◆交 通:地下鉄谷町線 「四天王寺夕陽丘」 駅下車
     <1番出口をエレベータで上がり、大通り信号を渡り右手>

◆参加費:300円

★ 申込みは不要です。どなたでもご参加下さい。

(2015年)H27年度医療講演会

 

平成27年度

医療講演会が開催されました。

日時:H27年5月16日(土) 14時~16時30分
場所:此花会館 / 梅香殿   3階 大ホールにて
演題:「診療ガイドラインに基づく股関節治療」
講師:医学博士 上島圭一郎 先生

京都府立医科大学附属病院 整形外科

 

今年の演題はいつもとは少し趣向の違う内容となりました。
私たち患者にとって、より良い治療を目的とした「ガイドライン」定期的に時代に

沿った見直しがされている事や患者を置き去りにしない治療方針など、初めて耳に

する内容でした。(運営委員.KA)

《リクレーション体操

   と交流会》
2015年4月24日(金)に長居障がい者
スポーツセンター第3会議室にて交流会
「レクリェーション体操/3B体操」
が行われました。手話を交えた歌をはじめ、頭の体操、椅子に座っての軽い運動 ベルと呼ばれる3B体操独特の道具を使ったり、ゲーム感覚を取り入れたりと、とにかくみんなの大笑いが炸裂したアッと言う間のひと時でした。『あ~楽しかった!』『久しぶりに大笑いしたわ』『ええ汗かいた!』等々、皆さん喜んでお帰りになりました!!(運営委員.YA)

京都・滋賀地区の交流会
2015年4月3日(金)に、今年度(27年度)初の交流会が京都駅前・新都ホテルの中華料理「四川」で開催されました。
心配していた雨も大降りにならずに、美味しい料理に舌鼓をうちながら充実した交流会となりました。
いつものことながら、この会ならではの本音炸裂の中身の濃い意見交換が出来ました。まだまだ話し足らなかった皆様、是非他の地域の交流会にもご参加くださいね。(運営委員.KA)

《第6回目》のトレーニング

 

2014年12月15日(月)長居がい害者スポーツセンターで6回目のトレーニングが有りました。

 

◆第6回 平成26年12月15日(月)13:30~14:30(トレーニング)  

椅子とボール、マットとポール、タオルを使ってなど、足の裏から股関節のストレッチや筋力トレーニング、他にも上半身のトレーニングも指導して頂きました。

参加者 18名(運営委員.NA)

◆2014年(H26)の活動報告

和歌山でのランチ交流会 の報告

 

 ランチしながらおしゃべりしましょう~
秋の味覚を楽しみながら、いろ~んなお話しませんか?
日時 :2014年11月21日(金) 12:00~14:00
場所 :日本料理『木曽路』和歌山店
交通 :和歌山電鐡貴志川線「田中口」駅 徒歩7分

  
秋も深まり紅葉も見頃となった和歌山の交流会は9名の参加でした。皆さんのお顔が見わたせる和やかな会になりました。人生のベテ ラン、手術歴のベテランと、年齢も病歴も様々でしたが、皆が同じ病気で悩み苦 しんだこと(現在進行形の方もいらっしゃいますが)で、聞いてはうなずき、話 しては気持ちも晴れて、美味しいお料理を前に予定の時間もあっという間に過ぎ てしまいました。 和歌山の病院の情報や再置換手術のことなど手術をしてしまうとつい忘れがちに なってしまう『足』のことを改めて大切に思った一日でした。(和歌山 協力委員 OO)

京都・滋賀(地区 交流会)講演会 の報告 


 以前の生活を取り戻すために ~ 股関節手術治療とリハビリ ~
講師 :滋賀県立守山成人病センター
     副院長・整形外科科長 川那辺 圭一 先生
日時 :2014年11月15日(土) 13:30~16:00(受付 13:00~)
場所 :ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター)205号室
     滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 東隣に有ります。
交通 :JR「大津」駅から(京阪バス・近江バス なぎさ公園線)約8分
     「ピアザ淡海」下車
     京阪石坂線「石場」駅下車 徒歩5分 
参加費:会員 500円  会員外 1000円

 

前々日辺りから急激な寒さとなった秋晴れの一日、紅葉真っ盛りの中、琵琶湖に面した会場で開催されました。「風邪ひきさん」のキャンセルが数名ありましたが、狭い会場は『川那辺先生ファン』で暑かったくらいでした。先生の講演は、いつも通りの股関節の説明は、比較的サラッとされていましたが、年齢層がアップしてきている私たちに ふさわしい内容となっていて「股関節症と人生学?」について考えさせられた一面もありました。特に圧巻は質問に何でも、フェアにお答えになっていたところです。いろんな質問が聞けたし、先生との交流を楽しんでいるような講演会でしたね。(運営委員.KA・YA)

ミニ医療講演会 の報告

 

演題: ~変形性股関節症に対する 骨切り術と人工関節手術~

    (のぞみ会関西支部と大阪市障がい者スポーツセンターとの

     共催でのミニ医療講演でした。)

 

講師  :大澤 傑 先生(行岡病院 整形外科・リハビリ科部長)

日時  :2014年11月3日(月・祝) 13:15~14:45

場所  :長居障がい者スポーツセンター 2階会議室

 

講演会の後の質疑応答では、皆さまから積極的な質問が出て、日頃気にしている事を股関節専門の先生に直接聞く事が出来ました。その質問に大澤先生は、一つ一つ丁寧にお答え下さって、皆さま納得しておられました。

 

毎日、現場で私達の股関節と向き合って治療して下さっている先生に直接疑問を お聞き出来る貴重な医療講演会は、心配を解きほぐして貰える大切な場だと思い ます。皆さまも是非、医療講演会に参加されては如何でしょうか?

(運営委員.NA)

関西支部

事務局

TEL・080 9749 3545

 

変形性股関節症の患者会NPO

法人「のぞみ会 関西支部」の

サイトです。関西支部の活動予定

や報告を紹介しています。

 

のぞみ会では仲間を募集しています。お申し込み、お問い合わせは関西支部へ。

 

本部事務所開所日

 

「月・水・木」11時~15時

(「火・木・金」から変更になりました)