≪活動報告 その1≫       続きは⇒ ≪活動報告 その2≫へ    

 ==========================
 
奈良(地区 交流会)お喋り の報告
 
奈良での平成26 年10月18日の座談会・・のご報告
18日の奈良でのおしゃべり会は、近鉄百貨店橿原店の東側にある文化会館の一室を借りることができ、10名程度の奈良県南部の会員が集まりました。
ひ とりひとりが、自分の病気の状態や、これまでの経過、再置換に対する思い、リハビリの病院の事など、考えていることを、言葉にできました。未手術の人や、 人工でも全く問題なく楽に過ごしておられる方、片方だけ人工にして、もう片方を迷っている方、自骨の手術後で何年か経過している方、靴にこだわりが有り、 靴の努力をしている方、いろいろな方がおられました。
 病気の知識もさることながら、日ごろお会いする ことができない方と自分の病気に 対して、色々な意見を聞いてもらうこともできたし、同時に病気の内容が似ているので、おしゃべりしていて、人の事がよくわかります。また、会員さん方が、 今の状態には不安を持ちながらも、前向きに生活されているのが、とても印象的でした。こういう機会をもつと、知らない者同士でも、楽しくお話しできるもの だと感心します。自分が病気に対して思っていることを言葉にすることが、ストレス解消にもなるのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(運営委員Yさんの体験談でした。)
お喋りっていろんな効果が有りますね!特に女性には。(笑)
同じ痛みや悩みを持つ者どおしのお喋りは、色んな体験談を聞けて参考にもなるし勇気も貰えますね。楽しいひと時、何よりでした。

兵庫県 (地区 交流会) 講演会の報告

 

下記のような内容で行いました。
日時:平成26年10月18日(土)
場所:西宮北口「ACTA西宮」
演題:『いつまでも、どこまでも歩ける脚に!

          〜管理栄養士と理学療法士の立場から〜』
講 師:丁子美紀先生(管理栄養士・健康運動指導士・

                 日本体育協会スポーツ栄養士)
    長田光生先生(理学療法士)

参加者:会員25名、非会員1名、計26名で内8名が未手術の方

 

昨年秋の交流会と同様に、「西川整形外科リハビリクリニック」の先生方からお話をうかがいました。
今まで栄養面からの話をあまり聞く機会がなかったので、今回は私たちが健康にいつまでも自分の脚で自立して歩くために、筋肉、骨などのバランスを維持するために、食事の大切さを、資料ならびに映像でよく理解することができました。また私たち変形性股関節症の患者にとって一生の課題であるリハビリについても必要最低限の日々のリハビリ方法を簡潔に、実技も交え分かりやすく説明して下さり大変有益な会を持つことができました。
講演が終わっても質疑をされる方が後を絶たず時間をオーバーするほどでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(運営委員Kさん)
予約殺到で、参加できず、残念でした!次回機会が有れば是非参加したいです!

アミティ舞洲のトレーニング《第2回目》

 

10月6日(火)アミティ舞洲で2回目のトレーニングが有りました。

 

◆第2回 平成26年10月6日(火)11:00~12:00(トレーニング)  

場所  アミティ舞洲 TEL 06-6465-8200  

受付  10:30~

参加者 4名

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

台風18号の警報が出ていた大阪市。実施が危ぶまれたトレーニングでしたが、午前9時前に、警報が解除となり、予定通りの実施となりました。
ただ、そういう理由がありましたので、開催が決まっても、参加できた方4名。その分マンツーマンなトレーニングとなりました。
やはり、舞洲へのアクセスを考えると、直前の実施決定は、股関節の悪い者には酷であったのかも知れません。
 
前回と同じ(?)マット上で、リラックスする呼吸法からはじまり
マット上で 体幹運動、首、背筋、足首・・の運動
その後、椅子に座っての足上げ運動(4方向)
椅子の背を使った立位での足上げ(3方向)
バランスボールを使った重心移動など(インナーマッスル)
また骨盤立ての運動もしました。
どういう筋肉をどうして鍛えるのかを説明され、その筋肉を意識しながらの
運動でした。実際に筋肉に手を添えて、動きを確認してもらいました。
やはり、筋肉を意識しながらの運動というのが大事みたいです。
最後にポールの上で、お昼寝タイム。リラックス(脱力)しすぎて眠たくなりました。これも良い経験でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(運営委員Yさん)台風一過直後に、ご苦労さまでした。

次回からは長居障害者スポーツセンターで開催されます。

詳しくは、活動予定をご覧ください。

サロンウィズ

 

9月30日(火)13:30~15:30
長居障害者スポーツセンターの2階会議室にてサロンウィズ(交流会)が有りました。


交流会が始まる前に長居障害者スポーツセンター内で警報が鳴り消防訓練が始まり私達もスポーツセンターの職員さんの誘導で駐車場まで避難して、消防士さん達から消防訓練の指導を受けました。消防士さんの1人が手話で消防指導の解説をされていました。随分前に学校や職場から離れて、私達には久し振りに良い訓練に成りました。

(残念ながら交流会の写真を撮り忘れました。)

平成26年度 一泊親睦旅行

 

2014年9月12日(金)~13日(土)

 1日目は、

アミティ舞洲障害者スポーツセンターに13時30分、現地集合

早速プールやお喋り、夜は研修室で乾杯をして会食しました。

食後は、椅子を丸く並べて、椅子体操やゲームで盛り上がりました。

9時に解散して各部屋に戻ってからも、夜遅くまで股関節手術の体験談で、

盛り上がり、時間を気にせずゆっくり話が聞けて有意義な一泊に成りました。

2日目は、

徒歩で10分の、大阪市環境局 舞洲工場 (舞洲ごみ焼却場)の見学でした。

オーストリア・ウィーンの芸術家、故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏のデザインした奇抜な建物で、ゴミ焼却場だとは話に聞いていましたが、屋根や窓付近、建物周辺にも植物が枝葉を伸ばし、建物全体が緑と一体になって、将来は周辺一帯が緑に覆われた森となるようなプランニングが行われ、鳥や昆虫の生息場所として、実のなる木やビオトープ池を設けられているそうです。

最新の公害防止施設の機能や、環境共生型の設備を見学に、各地や海外からも多くの人々が訪れているそうです。

工場内の廊下にはフンデルトヴァッサー氏の絵画が展示してありました。

最初に、ビデオで説明を見て、案内係の人に楽しくわかりやすい説明をして頂きながら見学をしました。環境を守る工夫を色々されていて疑問や質問にも丁寧に答えてくださいました。

一人では、中々行けない珍しい工場見学もできて、股関節の痛みで一人悩んでないで、仲間と同じ痛みや、手術への不安を判り合え、体験談や対処法などの説明を、帰る時間を気にせず話せたのも、泊り掛けの親睦旅行のお陰でした。

アミティ舞洲のトレーニング

 

7月7日、アミティ舞洲でトレーニングが有りました。

 

◆第2回 平成26年7月7日(月)11:00~12:00(トレーニング)  

場所  アミティ舞洲 TEL 06-6465-8200  

受付  10:30~

参加者 13名

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の1回目のトレーニングは、マットと、椅子と、

ボールを使ったトレーニングでした。詳しくは下の画像をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《交通》 

・JR「桜島」駅、10時5分発シャトルバス(無料)が便利  

無料バス時刻表:http://www.fukspo.org/maishimassc/map/ikibasu.html 

・JR「西九条」駅から市営バス「舞洲スポーツアイランド」行き

 (81号系統)舞洲障がい者スポーツセンター下車  

《申込先》 のぞみ会 関西支部  

★障害者手帳をお持ちの方は持参ください。  

★トレーニングの場合   タオル、履き替え用の運動靴、飲み物は持参

************************************* 

日頃のトレーニングの疑問などを直接、指導員さんに質問して、自分に合った筋力トレーニングを知る事が出来る良い機会です。

また、初めて『臼蓋形成不全』と診断されて何をして良いか判らず困っている方はいませんか?そういう方も相談して見ては如何でしょうか?是非、水中運動や、トレーニングに参加してみてください。

◆次回は、下記の通りです。

   第3回 平成26年9月1日(月)11:00〜12:00(水中運動)
   第4回 平成26年10月6日(月)11:00〜12:00(トレーニング)

 詳しくは【活動予定】のページの、『水中運動とトレーニング』を、ご覧ください。

2014年

6月

21日

平成26年度 のぞみ会関西支部医療講演会

平成26年5月31日(土)此花会館にて医療講演会がありました。

  演題 「人工関節とサルコペニア・ロコモティブシンドローム」

  講師 兵庫県立総合リハビリテーションセンター

       リハビリテーション中央病院

      副院長  津村 暢宏 先生

 

 参加者 112名

   地域別 大阪...41名、兵庫...32名、奈良...11名、京都...10名、
       滋賀...4名、和歌山...4名、その他...2名、記載なし...8名

   年代別 40代...3名、50代...27名、60代...45名、70代...33名、

       80代...2名、不明...2名

 

講演内容

 1.健康と寿命

 2.サルコペニア

 3.ロコモティブシンドローム

 4.変形性股関節症

 5.人工股関節置換術

 6.運動


 講演後質疑応答

 

今回より講演会の場所が此花会館に変更になりました。会場に段差がなく広さもよくあっていました。講演内容の詳細は9月1日発行の会報№51「のぞみかんさい」に掲載されます。

 

 

2014年

4月

20日

兵庫の交流会

 4月14日、神戸の総合福祉ゾーン「しあわせの村」内の「神戸リハビリテーション病院」の見学と研修室にて交流会を開催しました。

 参加者は会員19名、会員外4名計23名でした。未手術の方が5人、他の方は人工関節の手術をされていました。

 神戸リハビリテーション病院は、脳血管障害や骨折の手術(人工股関節全置換も含む)などのため急性期病院で治療をうけた後、集中的にリハビリを受けることができる神戸市最大の回復期リハビリテーション病院です。理学療法士の沖山先生が病院でのリハビリを含めリハビリのあり方について説明をしてくださいました。ここでのリハビリは患者さんと理学療法士の先生とで行われるマンツーマンによるものであり、とても恵まれた内容です。今回は作業療法室の案内もしていただきました。

 その後、研修室で参加者の皆さんと情報交換をしました。まだ再置換をされた方はいませんでしたが、手術をされた方は皆さんご自分に合った方法で努力をされているのが伺えました。

運動療法室(神戸リハビリテーション病院HPより)
運動療法室(神戸リハビリテーション病院HPより)

2014年

4月

06日

滋賀・京都の交流会

4月6日、山科ラクトスポーツプラザ内コミュニティールームにて交流会を開催しました。

 

参加者は会員14名、会員外1名 計15名、そのうち7名は保存中の方でした。他の8名は人工関節(両足同時手術2名)です。のちにこの会員外の方は、雰囲気が良かったと会員になってくださいました。

 

40代前半の若い方から77歳の男性まで、この病気ならではの 年齢層の広さを感じました。自己紹介を兼ねた意見交換にみんな真剣に耳を傾けました。実技あり、本音回答ありと充実したあっという間の2時間でした。

関西支部

事務局

TEL・080 9749 3545

 

変形性股関節症の患者会NPO

法人「のぞみ会 関西支部」の

サイトです。関西支部の活動予定

や報告を紹介しています。

 

のぞみ会では仲間を募集しています。お申し込み、お問い合わせは関西支部へ。

 

本部事務所開所日

 

「月・水・木」11時~15時

(「火・木・金」から変更になりました)