関西支部の紹介

 

のぞみ会関西支部は平成元年に全国の支部の中で一番最初に設立されました。

大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫・和歌山の2府4県から構成されていて、現在約700名の会員にささえられ支部主催の講習会や各地域での交流会を通して会員相互の親睦を深め最新の情報提供を行っています。

 

ご挨拶

 

 13年間お務めいただいた望月支部長から、この度関西支部長の任を引き継いだ髙田豊子と申します。
 新体制で活動が始まり、任の重さを感じる日々です。
 会員の減少=予算減、同じ痛みを持つ者からの運営委員のなり手探しの困難、会員のニーズの把握など課題は色々あります。
 しかしながら、今年度は力強い委員に恵まれました。先輩方が切り開き残してくださった叡智を引き継ぎ、委員共々、力と心を合わせて次世代につないでいきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。      
                            関西支部長 髙田 豊子
                                 平成28年4月

関西支部概要

活動内容

  • 医療講演会
    年に一度、5月頃に股関節の専門医による医療講演会を開催しています。
    関西支部は各地域に専門医が多く、毎年色々な視点からお話を聞く機会を得ています。質疑応答など色々な質問に対して、講師の先生が丁寧に回答してくださいます。
  • 交流会
    2府(大阪・京都)4県(滋賀・奈良・兵庫・和歌山)の広域支部でもありますので多くの会員の方に参加していただきやすいように、各地域で趣向を凝らしています。基本的にはどの地域への参加も自由です。
  • サロンウィズ
    年間4回、定期的に情報交換会として、大阪で開催しています。
    会員外の方も自由に参加いただけます。
  • 水中運動とトレーニング
    大阪にある2つの施設(長居障がい者スポーツセンター)と(舞洲スポーツアイランド)との共催により、股関節障害のための水中トレーニングや今年度は屋内でのトレーニングも行います。
  • ヴィータ
    比較的若い方の情報交換の場として発足しましたが、仕事をお持ちの方や子育て中の方、シニアの方など、年齢に関係なくご参加いただけます。

 

地域
 大阪、京都、滋賀、兵庫、奈良、和歌山

 

のぞみ会では仲間を募集しております。
ご興味をお持ちの方は、まずはご連絡ください。
東京本部への「入会のご案内

「のぞみ会」 関西支部

変形性股関節症の患者会NPO法人「のぞみ会」関西支部のサイトです。関西支部の活動予定や報告を紹介しています。 

 

ひとりで悩まないで同じ病気の仲間の話を聞きに来ませんか?

《定期交流会》は、自由に参加できます。

 

入会を悩んでいる患者さんも、お気軽に活動予定のページ《定期交流会》の参加を、お待ちしています。